リーガレックス法務英語セミナー受講に関する個人情報保護方針

 

 

 

1.   基本方針

 

有限会社リーガレックス(以下「リーガレックス」という。)は、リーガレックス法務英語セミナー(以下「本セミナー」という。)受講生(受講を希望してリーガレックスに照会をしただけの人及びサンプルレッスンに参加しただけの人を含む。以下同じ。)のプライバシーを尊重し、受講生が安心して本セミナーを受講できるようにするために、個人情報の保護に関する法律およびその他の法令を遵守し、以下に定めた個人情報保護方針に従って受講生の個人情報の管理・保護に努めます。

 

 

2.個人情報の定義

 

個人情報とは、リーガレックスが本セミナーを行うについて受講生より取得した受講生の氏名、住所、電話番号、銀行口座番号、メールアドレス等利用者個人を識別できる全ての情報(ある特定の情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的に利用者個人を識別できるものも個人情報に含まれます。)及び受講者が本セミナーを受講する過程においてリーガレックスが知り得た受講生に関するその他の情報をいいます。 

 

 

3.個人情報の管理

 

リーガレックスは、個人情報を漏洩・紛失・毀損することのないよう、厳重なデータ管理を実施します。また、リーガレックスの管理責任者のみがアクセス可能な環境下に保管します。

 

 

4.個人情報の収集・利用目的について

 

リーガレックスは、受講生の個人情報を収集する際には、予め利用目的を明示して受講生本人の同意を得た上で収集し、以下の目的の範囲内でのみ利用します。リーガレックスが提供する本セミナー以外のサービスを勧誘するメール、郵便物送付又は電話のための利用は一切行いません。

 

(1)         受講前の連絡

(2)         受講開始後の本セミナーの内容及びスケジュールの変更・休止に関する連絡

(3)         補講に関する連絡

(4)         資料等の送付

(5)         キャンセルに関する連絡(含返金の送金)

 

 

5.第三者への提供について

 

リーガレックスは、受講生本人の同意を得ることなく第三者への個人情報の提供は一切いたしません。 ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、利用者の同意なく利用者の個人情報を開示することがあります。

 

(1)         受講生本人から第三者への開示又は提供を求められた場合

(2)         人命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり緊急の必要性があって、受講生本人の承諾を得ることが困難である場合

(3)         国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

(4)         裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター又はこれらに準じた権限を有する機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合

(5)         その他受講生本人へサービスを提供するために必要であるとリーガレックスが合理的に判断した場合

 

 

6.個人情報に関する免責事項

 

以下の場合、第三者による個人情報の取得に関し、リーガレックスは何らの責任を負いません。

 

(1)         受講生本人自らが第三者に個人情報を開示した場合

(2)         第三者が開示した情報により本人が特定された場合

(3)         第三者が、リーガレックスを介在しないで、受講生の個人を識別できる情報を入手した場合

 

 

7.個人情報の開示・訂正・削除

 

リーガレックスに個人情報を提供した受講生は、いつでもリーガレックスに対して、リーガレックスが有している受講生本人の個人情報を、受講生本人のみに開示又は削除をするように求めることができます。

開示の結果、個人情報に誤りがある場合は、リーガレックスに対して、個人情報の訂正又は削除を要求することができます。リーガレックスは、受講生本人の要求により、正しい情報に訂正するか、削除の措置を、速やかに行ないます。

 

 

8. 個人情報の保存・管理期間

リーガレックスは、個人情報の保存・管理期間を1年間とし、経過後はこれを速やかに、かつ適正に削除・廃棄いたします。その後は、受講生本人からの照会にも応答できなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

top page